本町通りデンタルクリニックのインプラント

インプラントとブリッジを比較|迷ったら本町通りデンタルクリニック

抜歯後の補修治療としてはインプラントとブリッジが有名ですよね。

でも「インプラントとブリッジ治療はどっちがいいの? それぞれのメリットって何? どちらの治療を選べばいいのか迷っている…。」こんな疑問を持っている方も多いことと思います。

歯の治療行う時には幾つかの選択肢がありますが、抜けてしまった歯を出来るだけ元に戻したいという時には、インプラント治療、ブリッジ治療、入れ歯治療のそれぞれの中から選択する事になるでしょう。
本町通りデンタルクリニックでもこのような治療方法を軸に、様々な提案がされることと思います。

今回はその中でもインプラント治療とブリッジ治療のそれぞれのメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。
歯の治療を行おうと考えている方は是非参考にしてみてください。

ブリッジとは?

ブリッジ治療とは抜けてしまった歯の左右にある歯を削り、その左右の歯を軸として抜けた歯の部分に疑似歯をかぶせるというものです。
見た目的にも、余り違和感なく疑似歯を装着する事が出来、保険適法範囲内であれば安価で治療が済む事もあります。

インプラントとは?

インプラント治療とは、抜けた歯の歯茎から顎の骨に欠けて疑似歯を支える軸となる歯根を埋め込み、その上に疑似歯を固定する治療法になります。
歯茎に器具を通す事になりますので、基本的な治療には3〜10カ月程度かかる事になります。
ただし、施術の時に感じる痛みは個人差はありますが比較的少なく、術後にはアルコール・激しい運動・お風呂の長湯を控えて頂く事で術後の経過を過ごして頂く事になります。
使用期間は長く、平均して10年異常は持つといわれています。

ブリッジとインプラントのメリット・デメリット

まず、ブリッジのメリットは比較的安価な治療で済む場合がある点です。
見た目的にも入れ歯よりも本来あった歯に近く、直に治療が済む事がメリットに上げられます。
インプラントのメリットは、見た目は本来あった歯とほぼ遜色なく、また食べ物を食べた時にも歯の軸がしっかりと骨に固定されているため、本来有った歯の力をほぼ変わらずに実感する事が出来ます。
また、周囲の歯に負担をかけずに治療を行えるので、他の歯にデメリットが拡散して行く事を防ぐ事が出来ます。

次にブリッジのデメリットですが、見た目は本来あった歯のようであっても支えとなる左右両隣りの歯に負担がかかり、また食べ物も歯の間に挟まりやすくなるデメリットがあります。
抜けた歯とは関係のない健康的な歯を削る事になるので長期的な目で見た時にデメリットが目立つ場合もあるでしょう。
インプラントのデメリットは治療が基本的に保険適用外になりますので、治療費の負担は他の治療方法と比べ重くなります。
また術前術後にしっかりと手入れをする必要があります。

まとめ:どちらの治療が良いのか、慎重に選んでいきましょう

今回はブリッジ治療とインプラント治療の違いについてみていきましたがいかがでしたでしょうか?
どちらの治療を選ぶかという事はそれぞれの患者自身の考えや生活スタイル等によっても変わってくるかと思います。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、どの治療がより良いのか、と悩んだ時には双方の治療実績が豊富な本町通りデンタルクリニックにお気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。